乳癌セルフケア講座
ホーム > 乳癌セルフケア講座

乳癌セルフケア講座

IMG_20151009_141340 先日、猪名川町を中心に活動されているココカラ*カフェ主宰 門脇ひろみさん(理学療法士)が開かれている乳がん「乳癌セルフケア講座」に行ってきました(*´ω`*)

現在の癌発生の状況や乳がんの基礎知識のレクチャーを受けた後、しこりのある胸のモデルを使いながらどこに癌があるのか探すのですが、一つはボコッとしていてすぐにわかるものの、あと数個がどうしても見つからず、ギブアップ・・・。

再度、触り方やなで方を教えていただいて確認すると確かにぷつりとしたものの感触がありました。
慣れないと変化に気づくのが難しいことを実感💦💦毎日触ってくださいね♪♪とよく聞きますが、なるほど!!そういうことか!!と改めて実感(*^▽^*)

その他にも、普段、自分で胸を触る時のワンポイントアドバイスや、マンモグラフィーや触診での健診についての他では聞けないお話などしてくださり、乳癌についてよく知ることができました。

乳癌は早期発見や、術後のリハビリがとても大切でその後の「生活の質(QOL)」にも深く関わってきます。
鍼灸では主に手術後の痛みの緩和や、体全身のバランスを調整していくことでリハビリをよりしやすくしたり、心身の安定をはかれるよう治療を行います。

また、「乳房切除後疼痛症候群」と呼ばれる、痛みや、知覚異常など慢性的な症状に悩まされている方も少なくなく、手術後10年が経過しても約2割の患者さんが悩んでおられるという報告もあります。

乳癌の発症率は年々高くなっているようで、女性として気が抜けないところですが、今回のような、セルフケア講座で乳癌を身近に感じ、ケアしていくことがとても大切さと感じています。

私自身も乳癌についてきちんと学び、患者様と一緒にしっかり向かい合っていきたいと思います。oka2-M0194





 

 



«   |   »

モバイルサイト
ふきのとう
モバイルサイト

過去の記事